HOME

健康に関する情報

まぐろ

DHA・EPAが豊富なのは魚、効果的な摂取方法はこれだ

脳の活性化や血液の流れを良くする効果などで知られるDHAとEPAの成分なのですが、これらは魚の油分から取ることができるのです。
熱に弱いので、生の状態で食べて体内に入れる方が良いのですが、調理法を工夫すれば焼いても煮てもOKなんです。焼いた場合は皮も全部食べるようにして、似た場合はその汁も残さないようにしましょう。どちらもそこにDHAとEPAの成分がたくさん入っているのです。

DHA・EPAを魚以外で多く含む食品とは
DHAやEPAは血液の流れを良くして健康効果を得ることのできる成分として知られています。
魚ならサバやサンマを選べば食べて取ることができるのですが、魚が嫌いという方のためにとっておき情報のエゴマ油や菜種油、亜麻仁油、くるみ、大豆をおすすめします。これらはα-リノレン酸という成分が入るものでDHAやEPAと同じ働きがあるのです。いくら好き嫌いが多いといってもこれだけあれば、選べる食品のひとつはありますよね。

生活習慣病を予防し、血液をサラサラへ
EPA DHA サプリメント

関係性は?高血圧と中性脂肪について

高血圧の原因にはたくさんの理由があります。単純に塩分をひかえればよいというワケでもないのです。中性脂肪の数値が原因で血圧が上がることもありますから。
中性脂肪の問題をそのまま放っておくと、血液が不健康になりいろんな病気を引き起こす原因になるので、常日頃から食事や運動、健康食品などで対策するのがいいと思います。
中性脂肪について。
遺伝や生活習慣病などが原因で中性脂肪の数値が高くなります。遺伝は仕方ないかなと思いますが、自分からまねく食べ過ぎやお酒の飲み過ぎには注意が必要なのです。食べ過ぎた翌日は食事の量を減らすなり、軽く運動するなりなどの努力をしましょう。生活習慣を正すことで健康への道が開かれるものなのです。

コレステロールに対してのDHA EPAサプリの効果

DHA EPAサプリを飲み続けることによって、コレステロールの数字が少しづつ下がる効果に期待が持てるのです。
サプリは病院から処方された薬ではないので、はっきりと効果が出るとは限らないのです。お間違えの無いように。あくまでも少し手助けするといった感覚でいいと思います。しばらく試してみて効果を感じられない場合は違う方法に切り替えるといった流れで、いつか自分に合うサプリに出会えるのではないでしょうか。