HOME

健康に関する情報

まぐろ

DHA・EPAが豊富なのは魚、効果的な摂取方法はこれだ

DHAとEPAの成分は、血液と脳の健康にフル回転で役立っているのです。
熱に弱いので、生の状態で食べて体内に入れる方が良いのですが、焼き魚としてもOKです。その場合は骨以外は残さず食べるようにしましょう。生で食べない場合はすべてを食らうって感覚です。さすがに骨は無理ですけど、中には魚の骨をすってふりかけにする方もいるそうです。成分的にどうなんでしょうね。まぁ食から摂ることを心がければ、ゆっくりと健康になるのではないでしょうか。

DHAとEPAは、意外な食品にも含まれているのです
魚ならサバやサンマを選べば食べて取ることができるのですが、魚が嫌いという方のためにとっておき情報のエゴマ油や菜種油、亜麻仁油、くるみ、大豆をおすすめします。これらはα-リノレン酸という成分が入るものでDHAやEPAと同じ働きがあるのです。いくら好き嫌いが多いといってもこれだけあれば、選べる食品のひとつはありますよね。

簡単なのは健康食品です。DHAやEPAを一粒にした錠剤は摂りやすいから続けるのにも良いのです。健康のことを考えると食事からの料理として体内に入れたいのが理想ですが、好き嫌いがあったり準備が大変だったりと続けるのが困難になるのです。健康食品だと「手に取って飲む」くらいのコンパクトな行動で摂れるからサプリメントなどの健康食品が続けやすくなるのです。両方で摂るなんていいのではないでしょうか。

やずやのDHA・EPAサプリ、アミノ酸とカルシウムを配合
青魚のDHA・EPAって何?

生活習慣病を予防し、血液をサラサラへ
DHA・EPAサプリメント おすすめランキング

ライオンならではの発想。DHAにクロセチンという珍しい組み合わせ
ライオンのDHA・クロセチン

関係性は?高血圧と中性脂肪について

しっかり高血圧対策してますか、高血圧の原因にはいろいろとありまして「中性脂肪」もその原因のひとつに入るのです。中性脂肪の問題をそのまま放っておくと、血液が不健康になりいろんな病気を引き起こす原因になるので、常日頃から食事や運動、健康食品などで対策するのがいいと思います。
中性脂肪について
数値が高くなるのは、遺伝の場合と食生活の乱れなどの原因が考えられます。遺伝なら受け入れるのは「仕方ない」とあきらめがつくのですが、自分の不摂生が原因だと後悔が強く残りますよね。ですから、暴飲暴食は絶対にNGです。食べ過ぎた翌日は食事の量を減らすなり、軽く運動するなりなどの努力をしましょう。生活習慣を正すことで健康への道が開かれるものなのです。

コレステロールに対してのDHA EPAサプリの効果

DHA EPAサプリを飲み続けることによって、コレステロールの数字が少しづつ下がる効果に期待が持てるのです。サプリは病院から処方された薬ではないので、はっきりと効果が出るとは限らないのです。お間違えの無いように。あくまでも少し手助けするといった感覚でいいと思います。しばらく試してみて効果を感じられない場合は違う方法に切り替えるといった流れで、いつか自分に合うサプリに出会えるのではないでしょうか。

コレステロール値が下がるの?DHAとEPAのこんな情報も
DHAとEPAのコレステロールとの関係 | サラサラ血液だけではない、うれしい効果

健康への影響は?農林水産省
脂質による健康影響

「睡眠」取って健康へ

大人の方の睡眠時間は平均で5、6時間ってトコでしょうか(もっと少ないと思いますが、これぐらい寝られればいいですよね)。ですが、この寝ることを健康法として使う方は、7時間以上は寝ることにしているようです。未成年の頃なら分かりますが、大人になると難しいものです。でも、大人でも時間節約術を使えば、たっぷりこれぐらいは睡眠が取れるとのことでした。無駄を省くってことで、仕事終わりは寄り道せずに真っ直ぐ帰宅することや、テレビを観る時間を減らすことなどなど。この節約術を行なえば、たっぷり睡眠時間が取れるようです。

睡眠障害の解消に運動をしよう

思いっきり体を動かすことで、睡眠障害を解消することができるかもしれません。「眠れない」という悩みを抱えている方に私なりの解消法をおすすめします。それは「運動」です。運動選びは何でも良いと思います。とにかく、ぶっ倒れるくらい体を運動でイジメ倒しましょう。

おすすめはプールで泳ぐことが良いかなと思います。子供の頃プールで遊んだ後、かなり疲れたという記憶ってありませんか?帰宅したらよく寝れたという感覚が残っているはずです。あの感覚と同じ症状にすればどんなに眠れないで悩める人でも、スグに寝れるようになるのではないでしょうか。体力的に疲れていると、いつの間にか寝ていたなんてことになると思うのです。泳げないとか、水が怖い、運動が苦手と言う方は、歩くだけでも十分な運動になるのでプールでウォーキングすることもおすすめです。

眠れない原因は「寝酒」かもしれません

「眠れない」という原因についてお話します。眠れないその原因がわかれば、何か対策もあるはずです。まずは、アルコールを飲むという行為の寝酒というヤツです。よく眠るためにお酒を使うって話を聞きますが、あれはダメな行為とされています。アルコールのせいで身体が興奮状態になり、眠気を邪魔するようです。ですから、アルコールを飲むのなら寝る3、4時間前には切り上げて、寝る準備をしましょう。寝る前にビールを一杯飲んで、気持ちよく眠れていたという方が多いようですが、NG行為なので寝酒の一杯というものは止めるようにしましょう。そして、考えすぎも良くないそうです。寝る前に仕事やプライベートの悩みなど、いろんなことを考えすぎて眠れないという状況を作っている場合もあります。

ハーブティーで睡眠サポート

睡眠不足を解消すると言っても、なかなか簡単にいかないものです。睡眠が足りないと言う方は多く、人によってその睡眠時間も様々あるものです。ある人は6、7時間の睡眠でも足りないとか、またある人は毎日3時間くらいで十分寝れたなどなど。ホント睡眠時間というのは人それぞれで満足度に違いがあります。そして、睡眠不足を解消するのによく言われるのが「睡眠の質を高める」と言われるものです。質を高めるとは、何をどうすればいいのか分からないというのが現状でしょう。この質を高めるというのは「深く眠る」ということを指しています。ですから、深く眠ることさえできれば、睡眠時間が短くてもしっかりと疲れは取れるほどの睡眠時間になるのです。

深い眠りに入ることができない原因は、ストレスなどが大きく関係すると言われています。その部分は精神的なもので、個人差がありますから何とも言えませんが、要は睡眠時にいかに体をリラックス状態にできるのかということです。その場合に使えるサポートアイテムとして、リラックス効果が高い「ハーブティー」をおすすめします。このハーブティーには、カモミール、ラベンダー、ミルク、リンデンなどの種類があり、これら全てが何かしらの睡眠サポート力を持つものなのです。男性の場合、ハーブティーなどの女子力的な飲み物には少し抵抗があると思います。ですが、睡眠不足を解消したいのであれば試してみる価値はあります。一度だけ、植物の力を信じてみましょう。

眠れない場合の対策は

皆さんは眠れない場合どのように過ごしていますか。いろいろなつぶし方があるのでいくつかご紹介します。
・布団に入って落ちるのをじっと待つ
妄想ゾーンに入りいつの間にか眠りに落ちるというパターン。多くの方はこの方法を使うようです。この場合いろいろと考え込むことで、さらに眠れなくなることもありますから、頭を無の状態にするようにしましょう。
・読書を楽しむ
この場合の読書というものは、マンガやファッション誌というものではなくて難しそうな本を選んで読むということです。
・お酒を飲む
寝るためにアルコールを飲むという行為はダメなこととされていますが、こちらも多くの方が行なっているようです。逆効果なのでおすすしません。
・スマホやパソコンで時間つぶし
ゲームや動画などを楽しむ。この行為はブルーライトの影響で逆に寝付きにくくなるようです。
・TVを観る
録画したドラマや、深夜放送のお笑い番組などを観ながら自然に落ちる方法。

免疫力をラクトフェリンで高めよう

ラクトフェリンで体の免疫力を効率よく上げて、健康力を高めましょう。ラクトフェリンはタンパク質のひとつです。腸内環境を整える効果がバツグンにあり免疫力を高めてくれる成分なのです。外見からはわからないもので、体内の健康被害というものは気づかないことが多いのです。内面からの健康被害はスグに気がつくものです。ですから、日ごろから免疫力を高めて体の内側から鍛え、健康を維持できるようにしたいものです。ラクトフェリンという成分は、様々な健康効果がある優れたタンパク質です。健康のために毎日摂るというレギュラー化もありではないでしょうか。

ラクトフェリンはサプリメントがおすすめ

鉄と結合する性質を持ったラクトフェリンは、乳製品を積極的に食べれば効果的に体内に摂り入れることができます。骨を丈夫にする働きがある成分ですので、日常的に摂るようにすれば骨粗鬆症を予防できます。一般的な牛乳やヨーグルトにも含まれている成分ですが、効率良く摂るならサプリメントがおすすめです。

乳製品に含まれるラクトフェリン成分を抽出したサプリメントなら、年配になってからも骨の健康を維持しやすくなります。そして何よりのおすすめポイントとしては、サプリメントであればいつでもどこでも手軽に簡単に利用できます。

ラクトフェリンのお試し品から利用してみる

健康効果が高いと注目を浴びている成分の一つにラクトフェリンがあります。ラクトフェリンは、美容や健康に役立つ成分として様々な商品に利用されています。具体的にどういった効果があるのかと言いますと、例えば脂肪の分解をサポートしてくれる働きがありますので、ダイエットに取り入れる事で効果的に脂肪を落とす事ができます。他にも美容面への効果として、アンチエイジングや乾燥肌の改善などにも有効とされています。こういった効果はラクトフェリンのほんの一部であり、他にも様々な効果があります。その為、今では色々な商品に利用されていますが、効果の良し悪しを見極める為にもまずはお試し品から利用することをおすすめします。お試し品なら身体やお肌との相性チェックができますし、大抵の場合は価格も安く気軽に利用できるものです。

乳がんの症状を知ろう 早期発見がカギ

女性のみなさんは、定期的に乳がん検査を受けてください。ここで紹介する「乳がんの症状」については、極一部の紹介なので軽い気持ちで参考程度にしてください。乳がんの症状というものは、乳腺外科を受診する方(女性)のほとんどは「しこりがある」「乳頭から血が出た」「乳房が痛む」などの理由でクリニックに訪れます。これらが最初の自覚症状です。「乳がん」は、大きさが0,5cmから1cmほどのサイズになってくると、自身でも触れて気づくことができます。ですから、早期発見のためには自分で定期的に胸を触るようにすることが必要です。ですが、乳がんのしこりというものは、全てが硬いものとは限りません。痛みの度合いも個人によってアレコレあります。自己検診は大切ですが、自己判断はいただけません。しこりや何か症状に気づいたら、まずは乳腺専門クリニックに相談するようにしましょう。

乳がんの症状はいろいろある
乳がんの症状について、しこりが皮膚(胸の)表面にとても近い場所にあると胸の皮膚が引っ張られてくぼみがでたり、赤く腫れ上がったりすることがあります。この症状が「硬がん」の特性です。乳房表面の皮膚がオレンジ色の皮のように赤く色が着いたり、痛みだしたり、熱を持ったりの症状は「炎症性乳がん」の症状です。これは皮下のリンパ管が、がん細胞の滲透で溜まってしまい、リンパ液の流れが悪くなるために起こります。

精神症状とは何だろう

精神症状とは、苦悩や異常を伴う心理的な状態のことと言われています。これは、他人から見て振る舞いが異常であるとかではなく、本人が心に苦痛を感じているかどうかによって適用されます。他人から見て何でもなくとも、本人が苦しいと感じ、そのことでストレスを感じるようであれば何らかの精神症状があると判断されます。このような苦しい状態を、自己解決できない時に言われるのが精神症状です。特に、うつ病の場合は原因がある場合もありますが、何の原因もないという場合があります。現状では、本人の訴えのみにより病気の診断がされています。一般的には脳内のセロトニンやノルアドレナリンの多少が原因とされていますが、現段階ではそのような状態を調べる方法がないために、本人の訴えに頼らざるを得ない状態です。

精神症状の一つ、ウェルニッケ脳症とは

精神症状の一つである「ウェルニッケ脳症」とは、主にビタミンB1によって起こる脳症となっています。ビタミンB1の欠乏のみによって発症することもありますが、アルコールをよく摂取する人にも起こりやすいと言われています。現在では、栄養障害によってこの病気になることは少なくなったのですが、アルコールの過剰な摂取や栄養素の偏りなどによって発症してしまうことが多いとされています。また、胃の全摘手術を行うと欠乏状態が起こりやすいことも分かっており、つわりなどで食事ができなくなって点滴治療を受けたけれど、点滴中にビタミンB1が入っていなかったことで発症してしまうこともあったということです。ビタミンB1測定の血液検査は結果が出るまでに時間がかかるのですが、ビタミンB1が欠乏することで知覚障害が起きてしまうこともあります。

精神症状の一つ、エリテマトーデスとは

「エリテマトーデス」とは、若い女性に多くみられる疾患のことなのですが、発熱や貧血、関節痛、蛋白尿など全身にさまざまな症状が現れることがその特徴です。この病状を全身性エリテマトーデスと呼んでおり、自己免疫病とも呼ばれまています。尿蛋白が多い場合や、痙攣や精神症状が出ている場合、しっかりと治療をしていく必要があります。また、呼吸困難や肺出血などの症状が出てしまうことがありますし、流産しやすいので病気が安定してから妊娠することが大切です。治療ではステロイド薬を使うことになるのですが、効果がない時には免疫抑制薬を使います。薬には副作用があるので正しい使い方を知ってから使うようにしましょう。ステロイド薬の副作用にはいろいろありますが、使い方を間違えると生命に関わる場合があるので、使用には気を使うようにしましょう。

精神症状の一つ、胸郭出口症候群とは

肩のこりや、腕や背中のだるさなどといった症状で悩まされる人が大勢いると言われています。病院へ行くと「胸郭出口症候群」と診断されることもあるのですが、あまり聞き慣れない病気なのでよく分からないという人も多いかもしれません。胸郭出口症候群の症状としては、肩こりは骨や椎間板などが原因となるだけでなく、ストレスなどの精神症状や睡眠不足などによって起きることもあります。なで肩の人も起こりやすいと言われており、長い時間負担のかかる姿勢を続けることによっても、肩こりや腕のだるさなどの症状が出てきます。治療のためにはマッサージやストレッチが効果的なのですが、それよりもまずは日ごろからのケアが重要とされています。基本は、姿勢を正しくすることが一番の方法であると言われています。覚えておきましょう。

精神症状の一つ、起立性調節障害とは

小学校高学年から中学生くらいまでの子供で、立ち眩みや頭痛、腹痛などの不調を訴えて病院を受診することがあります。一般的な診察や検査で異常が見つからない場合「起立性調節障害」と診断されることになります。この起立性調節障害とは、思春期で最も起こりやすい病気の一つとなってます。精神症状の一つである起立性調節障害の子供の場合、朝はなかなか起きることができず、夕方になって元気になり、夜になってもなかなか眠ることができません。それによって学校を欠席したり引きこもりがちになってしまうため、最近になって注目を集めるようになりました。現在では、起立直後の血圧を測定する検査機器が開発され、身体機能の異変にいち早く気付けるようになりましたし、ひとりひとりの子供に合わせた治療が可能となっています。